整備関連情報 maintenance

一般修理 genaral repair

調子が悪い、変な音がする、・・・etc
気になる事が有りましたら早めの修理を!
時間が経っても壊れた車両は決して自然に元には戻りません。

修理例その1

修理箇所
シリンダーヘッド交換
修理状況・内容
オイル管理不良により、カムメタル(軸受け部分のベアリング)が焼き付き、カムシャフトが折れた車両のシリンダーヘッドを交換しました。

  • 修理前

    オイルスラッジよりオイル流路のつまりが発生

  • 修理前

    カムベアリング(軸受け)が焼き付き、カムシャフトがスブロケット付け根部分で折損

修理後

ワンポイント
安いオイルでも定期的な交換を強くお勧めします。

修理例その2

修理箇所
エンジン交換(車種:エスティマ)
修理状況・内容
高速道路走行中にオーバーヒートし走行不能になりました。原因はラジエターキャップが経年変化によりキャップ内部のゴムパッキンが痛み、そこから冷却水が噴出した事でした。

  • 通常

    通常の圧力弁

  • 劣化

    劣化による圧力弁の派損

修理行程
エンジンは再使用不可の為、リビルトエンジンと交換します。
リビルトエンジンとは中古のエンジンを分解、消耗部品を交換し再度組み直した物です。

エンジン

ワンポイント

ラジエターキャップは小さな部品ですが、その役割は重要です。
定期的な点検、整備をオススメします。

整備関連情報 car maintenance

LINEはじめました

instagramはじめました